宴会・飲み会は数の暴力の場だ

宴会とタバコ
◆宴会・飲み会は数の暴力の場だ

会社の飲み会でも、友人の集まりでも、半数以上は喫煙者であるということが多いです。そして、酒の席となるといつも以上にスパスパタバコを吸います。

半数以上となると、確率的に隣や向いが喫煙者となることが多く、タバコの煙と闘いながら料理や酒を楽しまなくてはいけません。

私はどこでも嫌煙家であることを公言しているので、最初の方は向かいの人なんかは気を使って煙を上に吐くようにしているのですが(決して気を使って吸わないとまではいかないですね。。。)、酔いが回ってきたらもう、真正面の私の煙を直接かけてきます。

大体、そのような飲み会は個室で行うことがほとんどで、その部屋内には煙がモクモク… 次第に目にしみるようになってきます。

こうなってくるともう、数の暴力と言わざるを得ません。嫌煙家の権利なんてないがしろにされてしまいます。

目は痛くなるし、料理はタバコの煙でおいしさを感じることができなくなってしまうし、いいことがありません。帰ったら、衣服や髪にもタバコの臭いがしっかりと付着していますしね。

酒を飲んでタバコを吸うのは、嫌煙家の私でもおいしいだろうなと想像するのは難くないので、吸うなとはいえませんが、もうちょっと配慮してもらえるとうれしいな~と、宴会などの飲み会の度に思うのであります。